2006年08月07日

新ブログ作成&MUSASHI

クロスゲートをやっていて、その出来事をミクシィに書いていました。
でも、よくよく考えてみたら、もう1個ブログ作ってそっちに書いたほうが、はるかに他の方々との情報交換がしやすいということに気がついたので、新しくブログを作ることにしました。

CROSS GATEブログ:CrossGate to the Sky

AFTERNOON CAFEではある程度の熟練プレイヤーとしての視点から書いていったけど、CrossGate to the Skyでは初心者プレイヤーとして、まったり楽しんでいる様子を書いていこうと思っています。
更新頻度とかも、けっこう適当になるかもしれないです。

CrossGateブログは、ハミィちゃんの別荘として新たに同じ名前でブログペットを飼うことになるかと思います。





追記

musashi.JPG

ジュンさんから送られてきたMUSASHIの画像に吹きました…!
作った人すごすぎ…!

ROでは今度新規にガンスリンガーが実装されるけど、それとMUSASHIが何の違和感なく溶け込んでいる!
MUSASHIはGUN道を究めてはいないので、タクアン和尚のように高レベルのケンジャの舞を使うことができないが、うおっまぶしっ!は最高レベルに達しているのもよく考えてあるなぁと思った。

ガンスリンガー実装されたら、必ずMUSASHI・ムサシ・タクアン和尚あたりの名前は使われてしまうだろうなw

関連記事:GMイベント潜入ミッション



※なんと作者さんはLEARN TO FLYの管理人さんだった!
最近はですね
管理人のさくらさんの作品のクオリティの高さはすさまじいですなw

ちなみにこんなものありましたよ。
もうほんとすいません
ここに出てくるケンジャの舞時計とは、なんと起動するともれなく鬱になれるというオススメアイテム!
すみません… 30秒で我慢できず消してしまいましたorz



YouTubeで見つけてきたMUSASHI関連の作品をいくつかリンク張っておきます。
皆さんよくこういうの作れるなぁと感心します。
元ネタを知っているものも、知らないものもありますが、どれも楽しめるものばかりです。
暑くて寝苦しい夜、MUSASHI動画で夜を越すというのもありでしょう。

※注意 
よけい寝苦しくなってしまっても文句を言わないでください( ゚Д゚)


hare hare MABUSHIT (MUSASHI+HARUHI)
hare hare MABUSHIT (MUSASHI+HARUHI) Another version
GUNDOH LONELINESS
闘将!!沢庵和尚
MUSASHI うたわれるもの
MUSASHIのように-ROUNIN WAY-
ヤンマーニ MUSASHI
GUN道っ!
Gun道 MUSASHI -からくり剣豪伝ムサシロード OP ムサシ!BUGEI伝!


そしてさらに、こんなものまで…


GUNDOU MUSASHI #2(GUNDAM Edition)

原作より動いていると評価されております (|||´_ゝ`)

うおっ まぶしっ! 落ちながら戦ってるよ…
賢者の舞
しゃべりすぎは命に関わるぞ 全く無駄のねぇ動きだ
posted by 水月 at 12:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常のこと・本の紹介

2006年07月17日

MUSASHI -GUN道-

GungHo奥義 緊急メンテの二の舞!!

            _
         _/´::::;ィ`ヽ    rr、   rv-- ..__
        イ::ィz'ヶzヘ::::::'.   「|! _ ィ_{!三77z──rュ
         ヘ{ ,'-'、`,ハ/}::| 「!ノ j! /     }7]¨´  ̄ ̄´
        r ':Y[三j¨ 7´::ヽ{/ /,ィ‐、  ̄ノ
      /⌒>=”7'/|-r、::ヽ_/  ヽ'¨¨´
    /::.::.::.::/´¨¨¨`ヽ |!:>'" ノ  //ヽ
     |::.::.::.::{       `` ^   /’  ゙丶、
    |::.::.::.:ハ __          , '::.ハ     '.
    弋、::.::.|、__´  _z、__   ,ィノ!::.::.ト    |
     |::.ヽ_ゝz/T_)ハ::.ハ 7¨´|::}-!|、::ハ─ァ─'′
     `、::.::.::.::.::.:弋ム_::/::.::/:_○:ハ
      ヽ::.::.::.::.::.::.::>-○‐,○-'::.::.ハ
      く::.::.::.::.::./::.::.::./^.::.::.::.::.::.:/





       | |    , -‐-、     ノ |
       ', ',   /:.:.:.:.:.:.l  ,ィY  /
        ', /^V:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.ノ::l::::',ノ
        Y::::/{:.il.:.,i、.:.:.ィ:l:::::::l:::::l
        ヽ:/:::',::ヾ:::Y:/:ノ:::::::l/
         }:::::::丶::::ノ/:::::::::j
         l::::::::::::癌呆:::::::::::::/
         ,}:::::::::::::::::::::::::::::i′
         ゝ==ニニニニニニニニニニ==く、
        /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`'i
        l::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ノ:l
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::,!
        l::::::::::::::::::::,,:ィ:"´:::::::{
        ゙7'―‐ ''"::l::::::ーァミ7-‐'
        /:::::::::::::::::::l {^l l
        〈:::::::::::::::::::::l l l !
        丶、::::::::::::ノ `-'′
          亡',}~´




   /                  \
 /                      \
//       /i  ,ィ  ,、        ヽ
/ /    ,.イム/_/j| /_l_\j、      ト
レ1     /j´    ` jノ´  `ヽヽ ノ  _j
 |   /  /⌒ヽ    /⌒ヽ  | _」/
 ゝf7_. |   {   9    9  } l/´}
  {レヘ | ‐‐、ー '     ー'   | fソ   
  \ャヽ '´     、 ,      l/  すげー
    Zーハ.     __ 、   /   全く無駄のないメンテだ…
   _> `f.ヽ.   /〈二二)  /   
 <   ゝ=l\      , イ     さすがはGungHo
∠´    ,.ィ|  ` ー--‐'´ |、
/    / ||        | /\
__,  -‐1   |        /  \
    |    l ー-、 , -一/    |` ー- 、



参考:MUSASHI -GUN道-まとめ2号



MUSASHI -GUN道-にはまってしまい、何度も動画を見ておりました。
頭の中に「ケンジャの舞い」「うおっ まぶしっ」が焼きついてしまい、気分が悪くなってきてしまったのでWS育成記事書けませんでした _| ̄|○

できたら明日にでも書きます…



.:| . :|     .! .l .l .i::l  <ではオヤスミナサイ
.:| . :|     .! .l .l .i::l
.:| .__|     :| .i .i .|.:!     _,  | |
.:|::||□| ̄ ̄ ̄〜〜〜     /\ \||
└l[ ̄]-――――       |\| ̄|=| |コ=
:::::::~<⌒/ヾ-、__     |\|  |, | |
::::/<_/____ノ     \.|_|,||


追記

アフォな記事書いてたのが悪いのか、夏バテが悪化して風邪ひいてしまいました。
しばらくは安静にするので、今日のユーザー連盟の会議は欠席します。
またROへの接続は、ほとんどケミでの露店放置になるかと思います。

先日の精練大会の記事・WS育成記録・投稿していただいたハミィちゃん名言集と、書くこと山積みですがしばらく保留します、スミマセンorz


もうひとつ追記

1ヶ月以上前のケミAIに関する記事になぜか今頃になって批判コメントが続出…
これ以上個別レス→さらに批判コメントという流れが続くのは困るので、記事自体を非公開にしました。
posted by 水月 at 21:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日常のこと・本の紹介

2006年07月05日

北朝鮮がミサイル発射!?

あ…ありのまま 今朝 起こった事を話すぜ!


          , . -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          
          |i i|    )! )) //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        
        |リ u' )  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        
     /'   ヾ|宀| {´,}⌒`/ |<ヽトiゝ        
    ,゙  / }ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ}
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \   
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ

『ラジオをつけたら、北朝鮮がミサイルを発射したとか報道されていた』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも 何が起こったのか わからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…

誤報道だとかドッキリだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいもの 開戦の予感の片鱗を味わったぜ…

---------------------------------------------------------

RO中心ブログなんですが、思わずポルナレフ氏がまたしてもでてきてしまいました。
(ギルメンの雷角さんのミクシィ記事のパクリでもあります…)

ほんと、まさか本当に撃つとは思ってもみませんでした。
しかも、日本を横断できるほどの距離を持ったミサイルも含まれるとか…

これ、仮に日本を横断して太平洋に落ちたとかになったら、もっと大変なことになっていたでしょうね。

そしてもっと怖いのが、誰もが想定する、日本の国土のどこかに落ちること。
山野に落ちて犠牲者がいないならいいけど、都市部なんぞに落ちたら…

先日、日本とアメリカが結束を強めるみたいな発表を小泉さんとブッシュさんがしたっていうニュースがでたばかりの今回のミサイル発射。


冗談抜きで、これは非常にやばい状況に思います。
経済封鎖→北朝鮮逆ギレ→ミサイル日本に着弾→アメリカと開戦
こんな恐ろしい予想がついてしまいます。

私たちにできることは何もないのですが、せめて何事もなくことが収まることを祈りたいです…
posted by 水月 at 13:02 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日常のこと・本の紹介

2006年05月30日

しばらくブログ更新ストップします (水月)

きょう、水月が
癌呆の陰謀によってパソコンが大破しちゃった♪とか言ってたよ。

*このエントリは、管理人の「水月」が書きました。


------------------------------------------------------

こんにちわorz

ただいま昼食をとりながらネットカフェから記事を書き込んでいます。
先ほどPCを見たところ、画面が真っ暗になっていました。
よく調べてみると、うっすらと画像は表示されているし、Windowsの起動も終了もちゃんとできました。

でも、あまりに画面が暗すぎて、ほとんど他の作業ができなくなってしまいました。
PC店にもっていくと、接続部分の障害か、画面表示パーツ(名前聞いたけど忘れました)の故障で修理が必要とのこと…
そういうわけで、PCが修理工場いきになってしまいました;;

最大で2週間程度かかるそうなので、しばらくブログ・HPの管理は頻度が下がるかと思われます。
新記事投稿も、しばらくはなくなりそうです…

またROへの接続は、週末のG狩りのときだけになるかと思われます。
ネットカフェのPCで狩りができるかまったく自信がないので、チャットくらいしかできないかもしれません。
ギルメンの皆様には大変ご迷惑をおかけします…

せっかくROへのやる気が復活してきたさなかのこの惨事、なんともはやです…
しかも、すさまじいことに、前回の記事を投稿した後、RO内の抗議活動に参加するからということで、ちょうどあまっていたWebMoneyで1ヶ月課金をしてしまったところだったのです!
今まで1DAYで何とかやってきた苦労が水泡に帰しましたorz
本気で課金!課金!の癌呆の陰謀か、と思ってしまったくらいですよ。

それでネットカフェから自分のブログを見ると、ハミィちゃんが↓な記事投稿してるし…

まあ、そういうわけですので、すみませんがしばらくネットへはネットカフェからのみの接続になりそうです。
ご迷惑をおかけいたします。
posted by 水月 at 13:04 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日常のこと・本の紹介

2006年05月24日

レス返事&ジョジョネタ

以前カフェギルドにいて、引退されたお二方へのレスを書いていたら、それが異常に長くなってしまいましたので、それだけで記事にすることにしました。
文章を書くのは好きなので、ブログを書かないというのはちょっとやりずらいこのごろ…



>>蟹名さん

おひさしぶりです。
一般向けの記事を意識するブログを書くようになってから、記事が読み手に与える影響っていうのを意識するようになりました。
どこかで読んだのですが、新聞も、それぞれ違う立場をもっていて、それにさりげなく有利になるように記事を作っているそうです。

例:
朝日新聞→中国・韓国・左翼より
産経新聞→日本・右翼より

RO関連で言うと、一般に記事を書いている方々は日ごろの思うことを書きづづっているだけで、特に思想的立場はないのですが、BOTNEWSさんなどをみると、強いアンチ癌呆の立場を取っています。
コメント欄に毎回すごい数のコメントがついています。
先日のコメント4000超えは個人ブログの範疇を超えているといえるでしょう。
BOTNEWSおよびそれに賛同するコメントを書く方々は「アンチ癌呆」で結束しているといえます。

自分のブログでは、特にそういうこだわりはなかったので、nProが有効だった時代には、ガンホーと呼んで、自己責任で管理会社主催のアイテム課金もいいかも、って感じの記事を書いてきました。
でも最近の癌の悪行(垢ハック放置・ユーザーのBOT駆除活動妨害・仕様変更によるBOT擁護)を見ると、とてもじゃないけどそんなの勧められません。
それにもかかわらず、限定くじが30000枚即完売したとか、新青箱&紫箱パックの発売とか、アイテム課金方針をさらに強めている癌呆には、どうしてもアンチ記事を書かざる終えません。

とはいえ、好き勝手書いていいってものじゃないんですよねぇ…
一般を対象にしたブログ作成は難しいなと思います。

そうですねー ひさしぶりにちょっとROを離れた内容の記事を書くのもいいかなぁ…
ヨコハマの記事とか、ブラックジャックによろしくの記事あたり、書きたい気もする。
ただ、ブログってのはたいていある特定の分野に特化していたほうが、読み手としてはうれしいんですよねぇ
ROの記事を読みたくて行ったブログで、特に自分に興味のない分野の話を延々とされると、読み飛ばしてしまいますし。
まあ、とはいえブログは個人の日記みたいなものだし、あまり読み手を意識しすぎず好きなように作っていけばいいんですけどね。

今のところ、
ROを続けるならこのままこのブログのままで、メインはRO関連の話題、時々違うネタにする。
もし別ゲームに移住などでROを引退・休止する場合、新たなブログを作ろうかと思っています。




>>ジュテームさん

先日のジュテームさんの記事のあまりのできばえのすばらしさに、飲んでいるお茶を吹きそうになったので思わずレスしてしまいましたw
今のところ、今後どうするかは決まっていなく、金曜にギルメンの方々と話し合ってからまた考えようかと思っています。
一時は装備も放出して引退もいいかなぁと思ったのですが、BOTNEWSさんに希望のもてる記事が載るなど、今後どうなるか分からないので、完全引退はなさそうです。

ジュテームさんの記事のパクリですが、私もネタを作ってみましたよw
マンガのこのシーンを載せているサイトを探したのですが、なかなかみつからず、かわりにこんなすさまじいものをみつけたので代わりとしますw

(参考)
カーズ様(鬼教官)の石仮面クッキング
野菜村
ジョジョ語録(2巻の部分)









524-2.JPG

ディオ
「おれは人間をやめるぞッ!ジョジョーーーッ!!」
















524-1.JPG

ディオ
「U R E E Y Y Y !!!」 








おまけ

ジョジョ好きな方にはぜひお勧めのHPがあったのでどうぞ。
ドラクエ世代の私にはたまらないネタですw

ジョジョクエストの歴史を振り返る
posted by 水月 at 22:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常のこと・本の紹介

2006年05月21日

しばらくブログ更新ストップします

ブログは個人のネット上に公開されている日記みたいなものなんですが、それがインターネット利用者に一般公開されている以上、何を書いてもいいってもんじゃないですね。
楽しい記事や、読んでいて誰もが普通に笑えるネタ記事ならいいんだけど、なんらかの立場をもって、批判的な内容を書く場合、それとは違う考えの人に不快感を与えてしまうことがあります。


最近、RO内でBOTがnPro導入前以上の勢いで増えてきてしまって、私のブログ内容も癌批判記事がすごく増えてしまいました。

本当は、WSの育成記録の続きや、ホムロストを防ぐボンバーマン活動の話や、あとはずっと前から続きが書けていないThe signの続編を書きたいのですが、それより目に余ることがありすぎて…

アカウントハックに続いて、とんでもない対応を管理会社がしたことを、知っている方は多いかと思います。
それに対して、どう記事にしていいのか分からない状態です。
(あまりにも過激な内容なので、リンクは張りません。MMOBBSなどで関連記事を探して読んでみればすぐ分かるかと思います。)

今までどおり癌批判的な立場を取った記事をまとめて、投稿すると、読んだ人がROを引退したくなってしまうかもしれない…
それに、書いている自分まで、そう思うようになってしまうかもしれない…

そのような理由から、今後の様子を見守る立場を取るということで、ブログの更新をしばらく止めようかと思います。
とはいえ、記事を書くのは好きなので、そう長い間ストップするというわけではないと思うんですけどね。

ブログ閉鎖ではなく、そのうち記事を書くと思いますので、そのときはまた時々見に来てくださいませ。

いつも来てくださっている方々には非常に申し訳ないのですが、ご理解下さい。

追記
5/25 ブログ更新再開

しばらく更新停止とかいっておいて、もう再開しております(;´Д`)
癌関係記事をどういうふうに書いていくかはまだ未定ですが、とりあえず書ける記事から書いていこうかと思います。
posted by 水月 at 12:02 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日常のこと・本の紹介

2006年05月08日

どうする アイフル

久しぶりに時事ネタを書きたくなったのでRO関連とは違うネタを…

特に興味のない方は読み飛ばしてもいいかと思いますが、いちおうざっとでも目を通していただけるとうれしいかもです。

有名消費者金融業者のアイフルが、強引な取立てにより業務停止命令を受けたそうです。
いろんなところでニュースになっていますが、いくつかリンクを張っておきます。

asahi.com

消費者金融、曲がり角 アイフル処分で逆風強まる


いくつか見たのですが、asahi.comさんが一番詳しくまとめられているようです。


アイフル被害対策全国会議

アイフルの強引な取立て被害にあった方々が集まっているサイトです。
「家は取られました。残ったのは・・・この子だけです」とチワワを抱えている画像が非常にシュールです。


しゃも(鶏)が「勝手に解説するぜ!オイコラ聞けよ!」
アイフル業務停止について考えてみる

経済面にはあまり詳しくない私には、このように解説してくださるサイトが分かりやすかったです。



経済については素人ながら、ちょっと個人的に考察してみます。
あまりたいした考察ではありませんが…
まず、問題になっているのは、「強引な取立て」と「グレーゾーン」についてです。

「強引な取立て」

asahi.comさんから。

アイフルに業務停止命令 「取り立て強引」 金融庁方針

…この記事へのリンクが切れているようです。どうしたのかな…?


>金融庁はアイフルへの検査を通じて、複数の店舗で強引な取り立てが行われ、必要な書類を客に渡さなかったなどの違反を見つけた模様だ。
>貸金業規制法では、暴力的な態度の取り立てのほか、正当な理由がないのに深夜に電話をかけたり、勤務先を訪問したりするなど、生活や仕事を妨げるような取り立て行為が禁じられている。
>また、貸付金利や期間などの契約内容を記載した書類を客に渡す必要がある。


生活や仕事をさまたげるような強引な取り立てが行われたもようです。
具体的にどの程度の取り立てが行われたのかは書かれていなくて、ネット上でちょっとさがしたのですが載っていませんでしたので詳しくは書けません。


「グレーゾーン」

All Aboutさんからの引用


>グレーゾーン金利とは、利息制限法と出資法の間の金利。

>消費者金融や商工ローンなどを含めた金融機関は、原則としては、金銭消費貸借契約における金利を、利息制限法で定めた上限金利までとしなければならない。
>ただし、一定の条件を満たした場合だけ出資法の上限金利29.2%まで認められる。
>しかし、消費者金融や商工ローンの多くは、条件を満たさないまま利息制限法を越えて、出資法を根拠とした金利(グレーゾーン金利)を適用している。

利息制限法の金利以上、出資法の金利未満の金利をグレーゾーンといい、おおくの消費者金融業者の金利はこのラインになっています。
利息制限法には法的規制がないため、実質ほとんど意味をなしていません。
このグレーゾーンを撤廃して、利息制限法内の低金利を基準に返済しようという運動があるそうです。



個人的考察

うーむ、難しい問題ですね…
確かに強引な取立てや、グレーゾーンは問題ではあるかと思います。
しかし、なんていうか、お金を借りた方が返さないっていうことについて、あまり議論されていない気がします。

まず、考えなければならないのは、借りた時点で金利・期限などは明確に示されていて、それを守ることを同意の上で、お金を借りている、ということです。
もちろん、返せなくなった事情は人それぞれですし、返せない方に強引に取り立てをしていいというわけではないかと思われます。
でも、なんていうか、返さない方の主張ばかりを重視すると、普通にお金を返している方、つまり契約通りに行っている方が不利になるのではないでしょうか。



私の好きなマンガ、カイジでは、敵に消費者金融「帝愛」が常にいて、そこでのギャンブルの借金のために主人公が辛酸をなめる場面が多数出てきます。
その敵の元締め、兵藤氏は、かなり極悪人として描かれているのですが、その主張にある一貫した正しさがあり、考えさせられます。
賭博黙示録カイジ:12巻からの引用。

AAは福本AA Wikiからです。




         _、-〜:ゞ-〜:z_   
        ィ: :,.-‐'-‐-‐'- 、 'z 
        7 ;' 二二二二 '; :',   
       1 ;'  ‐------‐  :} :!
       } { ‐==:、 ,.a==‐| } 
       「r|:i;===,=、  ,.=,===;「rヘ
      |〔.|| `ニニ〈@ ;;〉ニニ´::!|_).|
        人,lL二ニ( @ ')ニ二a|!_人  
     ノ./] ヾョョョョ王ョョョヲ7 [\ ヽ 
  _... -‐''"|:::::{ヽ ,, === / i'::::::|`‐-、__
   ...:::::::::|:::::::';!iヽ、...____... イi!:リ::::::::|:::::::
  :::::::::::::::|::::::::lヾ:!i !i !i: !i ソ|::::::::::|:::::::::
::::::::::::::::::::|:::::::::|:.ヾ !i !i !i '/.:|:::::::::::|:::::::::::: 





兵藤

わしは、身に染みているのだ…!
土下座の無意味さについて…
腹の底からな…!
考えてみればこの日本で、わしほど頭を下げられ続けた人間もそうはいまい…

わしは…
困っている人間に拝み倒されると、見捨てることができず…
次々に金を貸し続けてきたのだ。
助けてやりたくてな…

結果…
煮え湯を飲まされ続けてきた、何度も…!
裏切られ続けてきた…!

彼らは借りる時は「必ず返す… 命にかえても返す…」くらいのことをのたまうくせに、いざ返す段になると、平然と踏み倒してくるのだっ…!

むろん…
表面上はすまなそうな顔をして、床に額をこすりつけてはいるが…
どうあれ…
とどのつまりは、返さないということを表明する…!
わしとの約束…
互いに信じあうことで交わされたわしとの契約は一方的に反古…
無視される…!


カイジ

ぼーりだろっ…!
どうせ、暴利だっていってるんだっ…!
違うのかっ…!


兵藤

カイジくん…
この世に暴利なんてものはない…!
たとえどんな金利であろうと、それこそ3日…
あるいは1日で1割であろうと、暴利ではないっ…!

わしは貸し付ける前に、その金利について包み隠さずすべて話しているのだ。
借りる側はその金利について充分承知の上、借りていっている
何の問題があろう…
充分民主的ではないか…!

それより…
暴力的…
無謀なのはむしろ借り主…
連中はわしとの約束…
契約を一方的に反古にし、ただ頭をさげてくるのだ。
そしてずる賢いことに、こうして頭を下げることが今できる私の精一杯の誠意で、さらに…
どうしてこれほど謝っているのに、こいつは許してくれないのかなどと心中こちらを非難…
冷血漢呼ばわりしてくるのだ…!
ひどい話だと思わないかっ…!

当然そんな連中の侘びに誠意があるはずもない…
第一… 借金における誠意なんて… これはもう…
誰が考えたって一つしかないのだ…!
すなわち…
内臓を売ろうと、強盗をしでかそうと…
なにをしてもいいから要するに…
期日までに、金をかえすことだっ…!
それ以外に誠意などないっ…!



この後は、鉄板土下座といって、火の燃えたぎる鉄板の上で土下座させるという恐ろしいことを兵藤はやってのけるのです。

          ____
       |<三`'ヨ′
      _/6|ー廿┤
    /l ̄ KL.三.」 ̄h
.   / |   レ兮y′/ l
  〈  く   ∨ l/ ,イ |
   \_,.>、    /,L..」_
. 0ニニニ)而}ニニニニニ),リリニニ)
.   L| |_____|____| |
    l | |._______| |  ,:
 ,  l \ヽ l  |   , '/  ;'
 :, ____l_|_|_;_|_|___|_|__   ;
  |\゙;三三゙';三三三,;゙三三\ ;'
  |\\三三゙三ジジ三三,''三;'\,;'  ;'
  |、 \\三゙;三三ジジ・'三三三;\ ;
  0ト、\\\;'三三;'三三三;''三三,;'\
    \\\| 炎炎炎炎炎炎炎炎炎 |
      \\| 二I二二I二二I二二I二 |
       \LI二二I二二I二二I二二」
        0」            0」

鉄板土下座機を運ぶ黒服…




この暴力的な考え方は人としての温かみに欠けています。
しかも本当に誠意があるなら鉄板の上でも土下座できる!などと鉄板土下座を強要するあたり、はっきりいって兵藤氏は極悪人以外の何者でもないです。

ちょっと極端な例をあげましたが、しかしこの極悪人の言葉が、一理ある部分もあるのですよねぇ…
金融業というのは慈善事業ではなく、それとしてひとつのビジネスです。
そのため、借りた時点での契約、これを十分理解して、そのとおりに返すという約束を果たすことが、借り主としての務めでもあるのです。

返せない方への暴力的な取り立てはどうみてもいけないことだけど、借りた時点での契約というものを考慮すると、単純な問題ではなさそうです。

借りた時点での金利、それがたとえグレイゾーンでも、その時期での金利として、返済することが基本なのではないでしょうか。
そこを、グレイゾーン下限金利にひきさげようとすることは、普通にその金利で返済している多くの一般の方がかわいそうな気もするのです。



アイフルのいけない部分は、まずは暴力的な取り立てですが、それ以前に、チワワなどを利用したCMで、安易に借りやすいイメージを植えつけたことがあるのではないかと思います。
有名なチワワのCM、あれはどうみても私にはおかしく思えます。
ペットショップでかわいい子犬に情が移り、サラ金で借金して買う…
何か間違っている気がするのですよね…


以上は私的な考察ですので、一般的な考え方とちょっと違っていますので、単なる個人のたわごとと、取っていただけたら充分です。
私たち一般人にできることは、単純にこれだけ。
返せない可能性があるなら、消費者金融を利用するな!ということですな。

ギャンブルなども、リアルではほどほどに、やりたいならゲーム内でやるのがいいかと思います。

|-`).oO(今日ROでビレタ過剰してクホったけどね…



おまけ

ジョジョ3部に出てくる、犬のイギーがかわりに登場するパロディ。


どうする?アイフル


508-1.JPG
犬がほしいポルナレフ氏

508-2.JPG
くちゃくちゃ食べているイギー


こちらの画像がフラッシュになったのが↓

「ジョジョのアイフル」

(混雑時間にはつながらないことがあります)

こういったかわいくないCMだったら、消費者金融にいいイメージはつかないでしょうな…
posted by 水月 at 21:29 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日常のこと・本の紹介

2006年04月02日

エイプリルフール・ガンホー・嫌韓流等雑記いろいろ

明日からリアルで少々忙しくなりますので、ROに使える時間が減りそうです。
まあ、というより今までROやりすぎて危険な状況だったわけですけどね…

ブログのほうも、ROネタがちょっと減るかもしれませんが、ご了承ください。
それでも、現在書きたいネタが5個くらいあります。
スクリーンショットはあるのですが記事がまとまっていない状況ですので、また時間をみつけてはまとめていこうと思います。

RO記事を書いたら、またいつものように、ラグナロクの道しるべBlogPet Ragnarok Online GroupTrackback People ラグナロクオンラインのほうにトラックバックしますね。


さて、ちょっと今日はRO外の話が多くなると思うのですが、昨日はエイプリルフールだったんですね。
すっかり忘れていて、普通の記事を投稿していましたよw
中にはエイプリルフール企画として、とんでもない記事を載せているブログもあって、楽しませてもらいました。


有名(裏?)サイト、BOTNEWSさんでは、エイプリルフールネタとして、一気に4記事を掲載というすごいことをやっていましたね。


どうみてもエイプリルフールでしたm9(^Д^)プギャー

まずこの記事で、エイプリルフールネタだったことが書かれていますが、確か4月1日の時点では違った題名でしたね(何だったかは忘れました)。
そのため、他の記事を読んであれ?っと思いましたよ。



BOTNEWS閉鎖(BlogPet)

いきなりブログペットが、今までとはうってかわって理解可能で、さらにおそろしく過激な発言を連発しております( ゚Д゚)・・・・
ブログペットの発言は、基本的にランダムで投稿されますが、投稿された内容を編集したり、意図的に投稿させることもできますので、それを上手いこと利用してますね。
私はハミィちゃんの投稿には、一切手を加えないで楽しむことにしています。



BOTNEWS管理人、キ○タマウイルスに感染する

BOTNEWS管理人がBOTerであることが判明!とかあって、最初これを私が目にしたとき何が起こったのかと思いましたよ。
でも画像がどうみてもBOTというか、それ何のロボット!?って感じになっていて、ネタだということにちょっとしたら気がつきましたね。
BOTで稼いだ大量の札束を見せてくれた、とかいって、ネットカフェ1DAYチケットのかわいい剣士さんの写真載せてるしw


BNソフト、新感覚MMORPG"癌呆オンライン"を発表

きわめつけはこれ!
さすがにこれは爆笑させてもらいました。

森下が「課金!課金!」を連呼してモンスター(患者・癌畜)から金を搾り取るオンラインRPGだそうですよ。
スキルに月額課金やらプレミアムパックやらあるし、しかも仲間になんか有名BOT露店のグレイスがいるし_/ ̄|○
BOTと呼ばれるモンスターは"糞管理システム(KKS)"によって、自動で育つそうです。
皮肉たっぷりのネタですが、私はここまでやるとさすがにすごいと思いましたね。



反感を覚える方も多いかと思いますが、私はこういうネタはいいんじゃないかと思います。
過激で中には人を傷つける発言も多いサイトですが、なんていうか、このブログを見ていると、日本は言論の自由が保障された国だなぁと思ってしまいます。

最近有名な本、嫌韓流を2冊読んだのですが、韓国では相当情報操作(特に反日教育など)がされているようですね。

本来いろんな意見の人がいて、ぶつかり合っていくのは当然のことだと私は思います。
その中で、意見が違ってどうしても相容れないこともある、それは人それぞれ個性があるんだから、仕方ないことだと思います。
どうしても意見が合わないならば、そこから離れればいいと思います。
しかしそれを情報操作という方法で、相手の意見・思想を強引に変えてしまうこと(極論すると、洗脳といえます)、そういう方法を用いることへの危険性を感じます。

BOTNEWSさんを読んでいると、意見がコロコロかわったり(以前はウルド鯖移住を推奨していたり、プレミアムパック大反対から歓迎の立場に変わったり)していますが、一貫してRMT業者とその温床になっているBOTに反対している姿勢だけは変わっていません。
情報の早さと量もすさまじいですし、よくここまでがんばれるなぁと思います(管理人さんのリアル生活がどうなっているのか非常に気になりますが…)。

ROのいい部分、楽しい部分、明るい部分といった記事は、私がトラックバックしているサイトさんや、いろんな検索サイトさんからたどればいくらでも出てきます。
でもそうでなく、悪い部分、不正な部分、暗い部分をはっきり証拠つきでうち出しているところは、評価できると思いますね。

私のブログでは、いい部分も悪い部分も両方紹介していく方針でいままでもきたし、これからもいくつもりです。




いいか悪いかは個人の判断にゆだねますが…

ラグナロクオンライン・スペシャルバスツアー

ラグナロ娘さんと一緒にバスに乗って都内をまわり、カプラ職員のコスプレをしたメイド喫茶にいったり、ポリンまんじゅうを作って食べるそうですよ。
私の頭の中には、いわゆるキモオタと呼ばれる方々が、ラグナロ娘さんやらコスプレカプラさんやらを取り囲んで、カメラで撮影しまくるというすごく嫌なイメージが浮かぶのですが…

ガンホーの企画することはやっぱり何かが間違っていると思わずにはいられません。
そんな企画に時間を割いているなら、1匹でもいいからもっとたくさんnPro回避BOTをBANしろと言いたいですね。



おまけ

実はseesaaブログも、おもしろいエイプリルフールネタをやっていましたので驚きました。
遊び心のあるブログ会社で、ブログも使いやすいですし(無料で、使用ディスク容量が多い、さらに文字なら無制限に使用可能)、ますます気に入ってしまいました。
これからも使い続けようと思います。

詳細はこちらへどうぞw
おもしろいネタで、笑わせてもらいました(o^ー')b

Seesaa ブログ、待望のプレミアムプラン設定のお知らせ

Seesaa ブログ、プレミアムプラン廃止のお知らせ
posted by 水月 at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のこと・本の紹介

2006年03月17日

blogpetが落ちてますね

ブログペットのHP http://www.blogpet.net/
自体が落ちているため、本ブログもペット関連が見れなくなっていて、やたらと重くなっていました。
そのため、一時的にブログペットを取り外しておきます。
簡単に言うと、ハミィちゃんが家出をしてしまったということです_/ ̄|○

3/19 修正確認
何も告知がないのが少々気になりますが…
このようなことにならないよう、メンテなどをしっかりしていただきたいものです。
posted by 水月 at 13:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のこと・本の紹介

2006年03月10日

逃走中の近況報告

接続率は前よりだいぶ減らすつもりですが、RO復帰することにしました。
主につなげれるのは週末になるかと思います。

さてさて、休止中の前に会議で意見のくい違いがあったり、メッセに「うつ悪化」とか書いてしまったため、一部の方々にあらぬ誤解を与えてしまい、大変申し訳ないことをしたと思っています。


3/3前後のあたりのことを、だいぶ落ち着いてきたので振り返ってみようかと思います。
したがって、今回の内容は、ギルメンへのメッセージであり、一般の方向けではないです。
あ、それでも、なにか突っ込みたいところがありましたら、外部の方々からのコメントも大歓迎です。

まず、3日にギルドで会議をしたのですが、それ以前に、リアルでかなり危険な状況に陥っていました。
来年はリアルでは大学の卒業年にあたり、進路を決めなければならないのですが、それを決めかねている状態でした。
具体的な内容はブログには乗せませんが、周りのクラスメイトたちがいくメジャーなコースが私にはどうしても合いませんでした。
そのため、周りの人がほとんど選ばないような道にしたかったのですが、そうする勇気もなくて、迷いに迷っていたのです。
それから、ROへの接続率が多すぎて、少々リアルに支障をきたすぐらいになっていました。
ブログも書きたい内容はたくさんあるのですが、それをする気力と時間がない感じでした。
また、RO内ではギルドで引退・休止・ギルド脱退者がけっこういて、そのあたりでへこんでいました。
ギルマスとして、前みたいに活気のあるギルドにしなきゃいけない、けどそれをするにはROへの接続を増やす必要がある、そのあたりで板ばさみにあっていました。


そういう状況で迎えた会議でした。
出席前から、悩みが多すぎて思考がまとまらず、鬱ぎみの状態でしたので、できれば出席したくなかったのが本音です。
でも、前から決めていたことだし、ギルマスが当日欠席してちゃダメだろと思って、出席したわけです。

途中、提案者に私が反対意見を言った部分で、言い方も悪かったと反省しているのですが、不快感を与えてしまって、それで一時議論が中断されるような状態になりました。
しばらくして再開され、結局その話は保留ということになりました。

その後、わたしがROをしばらく休止するという宣言をしたので、提案者の方々に、あらぬ誤解を与えてしまいました。
本当に申し訳ないことをしたと反省しています。

あの場面で、会議が中断されたことが私の休止の原因であったのではないです。
会議ですし、意見が違うことだって当然あります。
(実際は、違う別の点において、ショックを受けたのはあったんです。でもそれは、全然関係のない部分です。そのことは、後でその方に個人的に伝える予定です)
会議終了後は、WSをギルメンのギルドに入れて、がんばっていこうと思っていました。


でも次の日あたりから、さまざまな問題が山ずみなのにどれもいい解決策がなく、何もする気力が起きなくて寝込むようになってしまいました。
悩みが1つ、2つなら、なんとかなるのです。
でも、それが5つ6つと増えてきて、自分の一生にかかわることだったりすると、もう勢いで進めなくなっていました。
考えれば考えるほど深みにはまっていく感じでした。
それで、土日はほとんど一日中寝ていて、とりあえず、大事なものからひとつひとつ悩みを解決していかなきゃと思うようになりました。
そのため、ゲームであるROは、いったん思考の外に置こうと思ったのです。
確かにRO内でいろいろやらなきゃいけないことがある、でも、あくまでROはゲームです。
今まで、頭の中にROの占めていた割合が大きすぎて、周りが見えなくなっていたので、一旦距離をおこうと思いました。

RO接続率が減るため、武器の委託を受けていた有名BSさんに武器を返却に行ったときに、少し事情を話したのですが、そのときの言葉が非常に印象的でした。
その方は、「いろんなギルドを渡り歩いてきた、ギルマスもやったことがある、でも結局、ソロギルドに落ち着いた」とおっしゃいました。
「ソロギルドが一番楽だよ、話したい人は、友達登録しておけばいいし」
そんな言葉に、ギルドをなんとかしなきゃって必死になっていた自分はかなり救われた気がしました。
それで、今はROのギルドのことよりも、自分のリアルを優先しようという思いを固めました。


別に以前よりギルドの人数が減っても、ギルド狩りに来る人が減っても、ギルドを大切に思ってくれる人が私のほかに1人でもいるなら、別にいいんじゃないか、と思うようになりました。
前みたいに、無理に人数を増やさなきゃ、ギルド狩りは絶対やらなきゃ、とか必死になることは、自分を追い詰めるだけでいい結果をもたらさないと思いました。
そう思うようになって、ちょっとだけROを離れて頭を冷やしてこようと思って、いったん休止したわけです。

そして、リアルの問題に少しだけですが解決がつきそうになってきたので、ギルド狩りのある週末は、なるべくつなぐようにしようということになったわけです。


もっと早く、この記事をブログなりギルド掲示板になりに乗せればよかったと反省しています。
あらぬ誤解を与えてしまったギルドメンバーの方に、もう一度ここで深くお詫びします。
申し訳ありませんでした。


ギルマスとして至らないところがたくさんあるかと思います。
ダメっぽいところがありましたら、きちんと指摘していただければ、直すようにします。

あと、ブログの方は、やっぱり毎日更新することは厳しいかと思います。
楽しみにしていてくださる方がいて、そこのところは、申し訳ないと思っています。

ただ、現在、ある大きな内容のものを製作中です。
具体的に何かは、まだ秘密にしておきます。
ある程度完成してから、少しずつそれを発表していきますので、楽しみにしていてくださいね。
4月までには発表できるかな…






おまけ

SSが全然なかったため、関係ないSSでもいいので何かないかなと探してみたところ、こんなのがありましたよ。
今は亡き、バレンタインクエスト時代のスプラキさんが、最終日にとうとう妙な発言をするようになってしまいました。





310-1.JPG

えっと、それ私本人なんですが…
別キャラでやってみたらどうなるだろうかな…






310-2.JPG

なぜか本人の名前を連呼するスプラキさん。
だ、大丈夫ですか?( ゚Д゚)







310-3.JPG

うん、休憩が必要ですね…




posted by 水月 at 01:33 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日常のこと・本の紹介

2006年03月04日

しばらくブログの更新頻度を減らします

最近体調不調が続いています。
すみませんが、しばらく休養をとります。

また記事を書けるくらい元気になったら、少しずつですが、記事を書いていきたいと思います。
RO関連の記事を書いたら、
らぐなろくの道しるべ。
BlogPet Ragnarok Online Group
ラグナロクオンライン TrackBack People
のほうに再びトラックバックしますので、そのときはまたよろしくお願いします。
posted by 水月 at 16:55 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日常のこと・本の紹介

2006年02月28日

ヨコハマ買出し紀行の終わりに時の流れを想う

ROの相場の話題の前に、どうしても書きたい内容ができたので先にこれを。


一般に、ブログというのは、ある分野に特化していた方がいいと言われます。
私のブログは、訪れてくださる方の大半がROでの情報を求めていらっしゃるため、RO外のことは、できれば別ブログを作って日記として残した方がいいです。
実際、私もROの情報を求めて他のブログ巡回中に、特に興味のない内容を延々と書かれていると、読み飛ばしてしまうことが多いです。

しかし、ブログというものは、訪問者に何を要求するものでもなく、執筆者の日記であることに変わりはありません。
特に興味のない内容だったら、読まなければいいだけのことだし、そういう興味のない内容ばかりにブログが移行しつつあるなら、お気に入りから外せばいいだけのことです。

私のブログでも、あくまで中心はROの話題になりますが、日常のことや、影響を受けた本の紹介、あとはハミィちゃんの独特な会話などを掲載したりすると思います。
ROの攻略サイトとしての位置づけもある程度は持ちたいですが、あくまで個人の日記サイトですので、あまり当てにしない方がいいかもしれません。
参考にしていただく程度がベストだと思います。


さて、今日の話題は、ヨコハマ買出し紀行というマンガが最終回を迎えたことです。
合計で13巻になるのですが、作品1回分が短くて、また月刊誌連載だったため、なんと12年間にもわたる長期連載でした。
その間、一度も落とすことなく連載を続けられたそうです。
執筆者の芦奈野ひとしさんには、心からおつかれさまを言いたいです。

228-3.JPG

この作品大まかに紹介してみます。

単行本1巻が手元にありましたので、その導入部分(最終回にも使われています)をまず紹介。

-----------------------------------------------------------------------
お祭りのようだった世の中がゆっくりとおちついてきたあのころ。
のちに夕凪の時代と呼ばれるてろてろの時間、ご案内。
夜の前に、あったかいコンクリートにすわって。
-----------------------------------------------------------------------

水没しつつある未来の日本が舞台。
かつての都市は海やススキの原になり、そこにはごく少数の人たちが生活しています。
主人公の初瀬野アルファさんはロボットなのですが、非常に人間的な魅力のある方で、過疎地域の海の近くの喫茶店「Cafe Alpha」をまかされています。
周りの人々と、アルファさんの交流が、ほのぼのと、しかしどこか悲しい憂いをひめながらつづられています。

この作品でもっとも特徴的なところは、時間が流れている、ということです。
作品初期に出てくる男の子タカヒロは、初めは小さな子供として描かれています。
しかし時間が進むにしたがって、次第に成長していきます。
途中から登場する女の子マッキを、妹のように思いやるお兄さんみたいになってきたと思えば、いつのまにやらスクーターを運転できるようになったりします。

そして、特徴的なのは、初日の出をアルファさんと一緒に見に行くシーン。
初めのころは、寒くてアルファさんのコートに包み込んでもらっていた子供として描かれていました。
しかし、後半では、アルファさんよりも背の高い大人の男性になり、街へと働きに行くため別れを告げにきます。
ロボットゆえに、まったく年をとらないアルファさんが、タカヒロを見つめる表情が、なんというか、悲しみと喜びの同居した言葉で言い表しにくい表情なんですね…

水没しつつある世界で、周りの時間は動いていく、しかし自分は変わらない、その、悲しいといってもよい現実を受け入れ、その時代を生きているアルファさんが描かれています。
最後のほうには、時の流れるスピードが早くなっていき、マッキも大人になり、結婚して母親になるくらい時間が流れます。
しかし、最後まで、はじまったときと同じアルファさんが描かれ、最終回を迎えています。



この作品で私が一番影響を受けたところは、まずその世界観と、美しい風景や人物描写でした。
しかし、この作品がだんだん時の流れの影響を受け、そして自分自身も大人になっていくことが、次第に強く実感されるようになりました。
変わらないアルファさん、変わりゆく世界、そして、変わりゆく自分。


好きだった店が閉店していたり、ひさしぶりに帰った故郷が予想とずいぶん違っていたり。
イメージとしてはまだ小さな子供だったいとこが、いつのまにか自分よりも背の高い高校生になっていたり。
そして久しぶりに会った両親が予想以上に老いていたり。
私はけっこう童顔なので、写真をみてもあまり変わってないのですが、人によってはずいぶん時間とともに変わるものです。

時間は動き、人は変わっていく、これはどうしよもないことです。
でもだからこそ、変わらないものに、私は憧れをいだくのかもしれません。


ROの好きなところのひとつに、この変わらないこと、というのがあります。
キャラはノビ・1次職は10代、2次職は20代くらいに見えますが、それ以上いっさい年をとりません。
もちろん、パッチの影響で次々と新マップや敵、新たな街が追加されたり、相場も刻々と変動します。
しかし、1年前ポリンから出たリンゴを倉庫に入れておいても、いつまでもそのまま残っていたり、牛乳商人はいつも同じ場所で、同じ値段で牛乳を売っていたり。
ROには変わらないものがたくさんあります。

世界は変わっていきます、でもだからこそ、私は変わらないものを大事にしていきたいと思います。




ちなみに、Afternoon Cafeという名前も、私のイメージでつけたのですが、実は掲載されていた雑誌Afternooonと、Cafe Alphaをくっつけて作ったものだったりします。




最後に、楠瀬誠志郎さんという歌手の「生きる歓び」という歌を紹介して記事を終えます。

1994年に発売された、「ヴィーナスと恋泥棒」というアルバムの最後に収録されている曲で、シングル化もされておらず、まったく有名ではない曲です。
でも、私はこの曲が大好きで、時々一人静かに聴いています。
後半は、かなり悲しい別れが待っているのですが、そんな曲の出だしの部分だけ紹介します。


-----------------------------------------------------------------------

もうすこしふれてたくて
もうすこし話をしたくて

次々と消えてゆく明かりは 
戻らないときめきのひとつひとつ

銀色にかがやきながら光が君の肩だけそう、てらしてる
分かってるこのまま時が止まらないこと
君の髪が横にゆれたね

-----------------------------------------------------------------------

posted by 水月 at 15:46 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日常のこと・本の紹介

2006年02月22日

人間性バトンがきましたよ

mixiのほうで、このゑさんから人間性バトンと言うものがまわってきたのでお答えします。


えっと、mixiを知らない人がいらっしゃると思うのでその前にこの解説を…

mixiっていうのは、最大級のソーシャルネットワーキングサイトであり、いわば友人とのつながりの輪によって形成されているコミュニティです。
基本的に、すでにmixiにはいっている会員の方の紹介によってのみ、mixiの閲覧&書き込みができるようになっています
日記やグループ形成などはできるのですが、自由度が非常に高いブログよりもできる内容は少ないです。
しかし、会員がこのような紹介制で増えていくという性質上、健全なコミュニティを形成しているといえます

例えばブログだと、記事を書くとそれに対して、アダルトサイトや出会い系からの書き込みやトラックバックが自動的に書き込まれることがあります。
(私のブログでもかなりありましたが、最近は一度書き込まれたこれらのサイトを禁止URL禁止IPに追加していった結果、ほとんどなくなってきました)
それをいちいち手動で削除しなければならないのですが、mixiではそのようなことはほとんどないようです。

ただ、ブログに比べて、かなり内輪で楽しんでいるといった感が強いので、一般公開を目的とした内容を作りたかった私にはあまり合っていないと思って、ブログのほうをメインにすることにした次第です。
それでも、日記のように記事を書いて投稿するっていうことの楽しさを知ったのはmixiからであり、mixiで短期間でしたけども記事を書いたりする経験があったから、ブログをはじめてみたいと思ったことは事実です。
あと、ギルメンのカルニアさんのブログがとても好きで、こんなの作れたら楽しいだろうなと思ったことが大きいですね。


ブログみたいなのを作りたいけど、一般公開はしたくなくて、共通の趣味を持った人同士で楽しみたいって人には、ブログよりもmixiの方が適しているように思います。


さてさて、人間性バトンをやってみますかね。
そういえば、RO関連の記事ばかり書いてきて、その中の人についてはあまり書いてきてなかったと思います。
別に興味がないって人が多いと思いますが、たまにはこういうのもいいでしょう。



まずは、紹介文

>>*水月さん。RO仲間。最近あまり話してない気がする。けっこう頑固者。たまにこのひとの正体がわからなくなる。(ぇ)スキダヨー!

ああ、だいたい合ってる気がします^^;
確かに私はかなり正体をカテゴリー化しずらい特殊なキャラですからね…




ここからバトンです

1.まわしてくれた方に対しての印象をドゾ

このゑさん

RO友達です。
私にmixiを紹介してくれた方でもあります。
けっこう付き合いは長くて、もう1年半以上にはなるでしょうね。
現在カフェギルドにBSさんを入れてくださっています。
リアルではオフ会をやったときにお会いしましたが、RO内でのイメージとだいたい同じ感じで、カラオケが激しく上手い明るい方でした。
どちらかというと暗くて無口な私は、そのハイテンションについていけるかなと不安に思ったのですが、徹夜カラオケでは夜2時くらいから元気が出てきまして、楽しめた感じでした。
あの明るさ、内側からあふれでるエネルギーをその1/10でもいいので私にも持ち合わせていたら、もっと外交的な性格になれたのになぁと思います。



2.周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?5つ述べてください。

基本的にはまじめで研究熱心な人。
しかし、たまに暴走して目も当てられない状況におちいることがある人。
常識が多少欠如しており、無茶なことをいいだすことがある人。
ハイテンションなときと、やたら暗いときの差が激しい人(実際、ほとんど躁うつ病の域に達しております)
内向的で、広く浅くより狭く深くが好きな人。


3.自分の好きな人間性について5つ述べてください。


まずは、人を傷つけることを言わない人。そのような配慮ができる人。
多様性を尊重できる人。価値観が違った人でも否定せず、内側に包み込めるような包容力のある人。
それから… 
目標がある人。もしくは、目標をもとうとがんばってる人。
他者に貢献すること自体に楽しみを見出すような人。
ある程度の常識は持ち合わせているけど、自分独自の価値観や信念をしっかりもって生きている人。


4.では反対に嫌いなタイプは?


さっきの逆になるかな。
まず一番嫌いなのは、仮に冗談のつもりでも人を傷つける言動をする人。
自分と価値観の違う人を頭ごなしに否定する人。
自分の利益しか考えていない人。
一般常識にしばられていて、どこにでもあるようなことしか言えない人。
それから、変かもしれないけど…
俗に言う、よくできた人、エリート、欠点のないような完全な好人物っていうようなイメージを持つ人。

…欠点のない人は、欠点のないこと自体が欠点であると思う。

|-`).oO(少々難しい言い回しだけど、なんかいい言葉だw



5.自分の事を慕ってくれる人に叫んでください。

付き合いにくい奴だと思いますが、つかず離れずで仲良くしてやってください^^;


6.そんな大好きな人にバトンタッチ15名!(印象つき)

多いな煤i ̄□ ̄*)
えっと、バトンをまわす人を指定することはやりません。
理由は、まず指定するなら、指定したことを知らせるために相手に言うなり、ブログ友達だったらトラックバックしないといけないと思います。それが激しく面倒^^;
それから、指定された相手が、このような質問を答えるのが好きじゃない人だったら迷惑になってしまうからですね。

ですので、特に指定はしませんが、これを読んで、自分もやってみたいっ!ていう方がいらっしゃいましたら、ぜひやってみてくださいませ。
それで、こちらの記事に、やってみたよ〜っていう感じで、トラックバックしてくれるとうれしいです。

それでは今日はこの辺で〜 (*´∀`*)ノ




posted by 水月 at 16:26 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日常のこと・本の紹介

2005年12月20日

そんな餌に俺は釣られない… いや釣られましたクマ|´(工)`)ノ

題名のネタはvip starをご存知の方なら分かるはず…


先日ギルド内でいろいろありまして、実はしばらくROへの接続を自粛していた状態でした。
復帰は、その内容をきちんと書いてからのがいいかなと思いまして…

しかし、そんな私の前に、「1週間Exp2倍」という餌がちらちらと…
すいません、本日から復帰して必死狩りしたいですorz

指摘・批判された内容について詳しく書き、それに対する対応についても詳しく書かなきゃと考えていて、もう頭がごちゃごちゃになっていたところでした。

そこへ、副マスから「とっとと顔みせんかーオラっwww」と激励まで飛ばされてしまいました。
そういうわけで、詳しいことは書かず、結果のみを記し、その後は態度で示していこうかと思います。


以前書いた2記事

【反省部屋】意見の違いについて
まさにひとり言… 反省部屋行き

を非公開記事としました。
理由は、この2記事が、ある程度、特定の個人への攻撃的な内容であったからです。

そういう内容は思うこと自体はあっていいし、また、それを日記などにかくこともそれは別にあってもいいと思う。
しかしそれを、ブログで一般公開することは、明らかに攻撃対象となった方の気分を害します。
それをしてしまったことについてここで深くお詫びし、2度とこのようなことがないように心がけていきます。



これから1週間は、たぶんひたすら必死狩りしてるかと思いますので、ブログのほうの更新はかなり少なくなると予想されます。
その点、ご了承ください_|\○_

皆さん、必死狩りがんばりましょう〜
posted by 水月 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のこと・本の紹介

サイト名変更のお知らせ

【introduction】

ROプレイヤーに質問
「ROにログインしてからログアウトするまでの間、ギルメン以外の人と何人話しましたか?
0人の人は、過去1ヶ月くらいの間、0人である日の割合は何%くらいですか?」






気づいた人も多かったと思いますが、サイト名を「A-Cafeますたのひとり言」から「AFTERNOON CAFE」に変更しました。
お気に入りに入れてくださっている方は、気になるようでしたら変更しておいてください。
アドレス自体は変わっていないので、別に気にならないようでしたら、名前はそのままでもいいかと思います。

えっと、まずその理由を述べますね、けっこう長いのですが…
その中で、はじめに述べた質問の意図も答えます。

まず、このブログをはじめたのは、単なる、「ブログペットで遊びたいから」という、アフォみたいな理由からでした。
しかし、そのうちに、いろいろやっているうちに、なんていうのかな、「文章を書く楽しさ」みたいなのがすごい分かってきたんです。
RO内の記事を書いたり、ガンホーについての記事を書いたりしているうちに、アクセスしてくれる人の数がずいぶん増えてきました。
それで、「ひとりのギルマスのひとり言」の域を超えてきたんじゃないかと思いました。
ROに関する内容のまじめな情報提供と、ROやそれ以外のネタからなるこのブログが、すごく小さいながらも、一つのコミュニティを形成してきたんじゃないかと思いました。

そこで、ふと思ったんです。

ギルドAfternoon Cafeを作ったのは、このコミュニティ形成をしたかったからじゃないかと。

ギルドHPからの引用を載せます。
>>
そこで、私みたいに、忙しいけど、だからこそ、
空想の世界でまったり暮らしてみたいというような人と、
たくさん知り合って、交流できるようなギルドを作りたいと考え、
露天系の商人ギルドを作りました。
(中略)
ギルドのイメージとしては、そうですね、夕方仕事で疲れて帰ってきた時に、気軽に入ってくつろげる喫茶店のイメージで、この名前をつけました。
喫茶店にはなじみの客がいて、気楽に会話して、帰りたくなったら好きなときに帰る、そんな感じの、いきつけのお気に入り喫茶店みたいなギルドにしていけたらなと思っています。



ふむ、確かにそうだったなと思い出し、そもそも、このブログ自体で、その実践もでき始めているんじゃないかなと思ったのです。


最初にあげた質問、たぶん、「ギルメン以外、誰とも話さなかった」「しかも、ギルメンとしか話さなかった日の割合が多い」という人が、とても多かったのではないかと思います。

それ自体、悪いことではないと思います。
たとえば、どこかでみましたが、恋愛中の彼と二人でROをはじめ、二人だけのギルドをつくり、毎日楽しくROをしてるという人がいました。
そういう楽しみ方も、もちろんあっていいと思います。
ただ、そういう方のブログは筆者と彼氏しかでてこないので、きわめて単調でつまらないのですが… 
まあ、それもいいんですけどね。
その筆者にとってそのブログは、私のように一般公開が目的なのではなく、彼一人への公開を目的にしている感じですし(いわば、その筆者と彼だけの愛の軌跡をつづっているとでもいいましょうか^^;)。


さて、私の考えをいいますと、別にそういうふうに、世界観を限定させたROの遊び方もいいと思います。
同じギルドの人としか遊ばない遊び方、それだって、もちろん、何の問題もないです。

ただ、せっかくのMMOですよ。
もうちょっと、勇気を出して世界観を広げたほうが楽しいんじゃないかと、私は思うわけです。

ROにおけるギルドというものは、いわば小世界といってもいいほど、閉鎖的であると思います。
カフェがなるべく開放的になろうと努力して、HPも一般閲覧・書き込みが可能なようにしても、あくまで、「ギルドAfternoon Cafe」という閉鎖的環境に収束している感は否めません。
まあ、それは、カフェに限らず、どのギルドにも言えることだと思います。
自分のギルドは自分の家のように親近感をもつけど、他人のギルドの人には(特に、聞いたこともない初見のギルド)は、まるで他人の家のように遠慮してしまうのです。


フェンリルには製造市ユーザーキャンプ蚤の市遊行など、いくつかのユーザーイベントがあり、比較的、他のギルドの方との交流がしやすい鯖だと思います。


それでも、結局、話しやすいギルメンとしか遊ばない人が多いのじゃないでしょうか。

私はこういうユーザーイベントに参加してみて、気に入ったものも、あまり自分には合わないなと思うものもありました。
でも、こういうイベントを通して、知らない人と会話したりするのも、楽しいものだとすごく実感しました。

誤解のないようにもう一度繰り返しますが、「いつも同じ人と遊ぶことを批判している」のではないですよ。
「せっかくのMMOだから、知らない人とかかわるようにすることも、なかなかおもしろいですよ」と勧めているだけです。






さて、それをこのブログに当てはめてみますね。
ブログをはじめて一番うれしかったのは、前書いたようにFlower Moon日記サイドのHiiさんが、サインクエストの情報を詳しく掲載してくださったことでした。
このことがあって、もしブログを私がやっていなかったら、決して知り合うことのなかった方々、(特に他鯖の方)との出会いが、すごく貴重に思えるようになってきました。

そこで、ギルドを作ったときの
「空想の世界でまったり暮らしてみたいというような人と、
たくさん知り合って、交流できるようなギルドを作りたい」
という部分、これは、ブログでも実践していけるのではないかと思ったのです。

そのため、自分の中でこのブログはあくまで、ギルド「Afternoon Cafe」のギルマスのひとり言ではなく、そのギルドの目的を実践する、「RO外の」場所になりうるのではないかと思いました。
そのため、このブログの位置づけを、「AFTERNOON CAFE」と、格上げし、他鯖の人もまじえて、いろいろ情報交換していく喫茶店にしていきたいと思ったのです。

ギルドAfternoon Cafeおよび、ブログAFTERNOON CAFEのイメージは、次のようなものです。
どちらも同じものです、RO内であるか、RO外であるかの違いがあるだけです。


商店街の目立たない一角にある小さな喫茶店。
マスターは(リアルの)私で、カウンターの向こうでコーヒーとか軽食を作っています。
私は料理の腕はからっきしなので、料理もコーヒーもどれもあまりおいしくないのです。
でも、安いのが自慢なのです (*´―`)
私のROの3キャラは、いわばそのカフェのウエイトレスさんなんですね。
室内には、やわらかい音楽が流れ、そしていろんな本や、ROに関する情報の資料などが置いてあります(それが、このブログの内容ですね)。
その資料などは、マスターの私が趣味で勝手に集めて編集しているものです。
そのため、独断と偏見にみちていることや、間違った情報がのっているかもしれませんorz
お客さんはなじみの方が多く、安いコーヒー1杯で、長時間のんびりとくつろげる喫茶店です。
よく顔を合わせる人とは、ROに関する資料を読んだりしたのち、情報交換などで話に花を咲かせます。
もちろん、私もたまに会話に参加したりしますが、基本的に聞くだけのほうが好きなので、コーヒーをこぽこぽと作りながら、耳を傾けていることに幸せを感じています。
時々新しいお客さんも来て、記事を読んだり、話をしたりしていきます。
常連になる人もいるし、もう2度と来ない人もいます。
ハミィちゃんは、カフェの一角にある、ミニチュアひまわり畑で飼われているペットです。
頭のいいハムスターで、記事を読んだり、会話を聞いたりして、時々変なRO語を覚えて、それを話したりします。
時々、他のペットが遊びに来ることもあるし、ハミィちゃん自身が友達のところに遊びに行くこともあります。

このようなイメージが、私のギルドでの「Afternoon Cafe」であり、ブログでの「AFTERNOON CAFE」である思っています。
私にとっては両者は同じ目的をもっているし、同じように大切なものです。

posted by 水月 at 01:38 | Comment(3) | TrackBack(1) | 日常のこと・本の紹介

2005年12月08日

【反省部屋】vip starを聴きながらヽ(゚д。;:…

えー先日は癌批判的記事をちょっと書きすぎて、読まれた方に不快な思いをさせてしまったかと思って、こうしてまた反省部屋にこもっております。

ブログをはじめてしばらくたつけど、このまま癌批判的立場をとりすぎると、そもそもこのブログが、ラグナロクファンサイトの中のひとつであるという位置づけを失いかねない気がします…
ブログっていうのは、個人の主張や、思うことを書き連ね、訪問してくださった方々に見てもらうのが目的です。
私のブログは、そもそもROのギルドHPからの派生で作ったものだし、来てくださる方も、大半がROファンの方のはず。
そうなると、癌批判記事をかくことはいいけども、それもあまりに限度を越すと、あきれかえって、訪問してくれる方がいなくなってしまいそうです。
いや、そもそも、逆に、RO批判の方ばかりになってしまうかもしれません。
それはかなり寂しいので、ちょっとここらで反省して、再び、ROファンサイトのひとつであるという自覚をもとうとした次第です…

しかし、そうはいっても、やっぱり、どうしてもこれはダメだろという事件があった場合、ブログで紹介していくことはあると思います。
たとえば、こういうのね…
「ヨーグルティング」でミニスカポリスが愛の指導を4gamer.netさん
まあ、深くは突っ込みませんけど、なんかね、もう… _/ ̄|○


ラグナロクファンサイトの場合、基本的には、著作権の関係かな、こういうのを、載せるように公式サイトにはあります。

「このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と
開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(C)2004 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS),All Rights Reserved.
(C)2004 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。」

現に、純粋なファンサイトとして作った、カフェHPサイトでは、これを載せています。
でも、こちらのブログには、あえて載せるのを避けました。
それは、ブログというのはそもそも個人の思うことを書く場であり、もちろんその際、癌批判記事を書くこともあることに起因します。

上の記載は、「ガンホーの下で、ファンサイトとして認めてもらう」為の記載。
カフェHPが、ラグナロクオンラインのギルドHPである以上、この記載は必要でしょう。
しかし、このブログはあくまで、「私の思うこと」を書き連ねるブログであり、ラグナロクへのファンとしての位置づけも、その一面に過ぎません。
そのため、ガンホーの下で、ファンサイトであると表明する必要は全くないので、上の記載はあえてのせていません。
これを載せないために、癌批判などの言論の自由が守られるっていうわけです。

以上より、「ROファンサイトでありながらも、癌へは批判的立場をとる」というのが、私のブログの位置づけとなります。
また、ラグナロクネタが多くなると思いますが、それ以外の内容もしばしば載せていきます。
(本の紹介も、もっといろいろ載せたいのですが、なかなかチャンスがない…)

というわけで、今日紹介するのは、「vip star」です。
えっと、何のことだかさっぱり分からない人が多いと思われますので、解説を…
これは、平井堅「pop star」の替え歌です。
もちろん、これは違法ですよね。 勝手に人の歌の替え歌作ってネット公開してるわけですし…
そして、その内容がなんともはや、おもしろい(特に、2ちゃんねるにゅ缶などの不特定掲示板利用者にとっては)。

さらにすごいことには、動画つきで、その歌まで公開されているのです!
歌といっても、下手な人だろう… と思って聴いてみたところ、驚愕!! (((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル


どうみても平井堅本人です。
ほんとうにありがとうございました。



と思うくらい、平井堅の歌声なのです!
これ作った人、いったいどうやったんだよ…w
平井堅に声が似ている人に頼んで、歌ってもらったのでしょうか?

私は平井堅の、バラードが大好きで、CDもよく借りてきています(買ってません>< ゴメンナサイ)。
そういう1平井堅ファンからすると、好きな歌手の歌がパクられて、替え歌されるのは、確かに少々いけないなとも思うけど、それ以上に、彼の歌が広まるという意味で、うれしい部分もあります。
そういうわけで、私のブログでも紹介します。
できれば、対象の動画ファイルを保存して、ブログやHPに載せておこうと思ったのですが、大きさが約18Mもあって、さすがにこれは大きすぎて載せる余裕がありません。
そのため、紹介サイトへのリンクという形で紹介しようと思います。


ただ、内容がね…
歌詞の一部をまず紹介。


「I wanna be a VIP STAR 君がずっと夢中なそれなんてエロゲ?
テラワロス VIP STAR 腕を広げブーンをさせてあげよう君だけに」

_ |  ̄ | …○

こういう内容に、抵抗がない方のみ、ここから先お進みください…

vip star聴きたいよ…!
posted by 水月 at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(3) | 日常のこと・本の紹介

2005年11月26日

反省部屋でチラシの裏にあれこれ書く

あいかわらず反省部屋でうじうじしております。
今日の内容は、この前とおなじく、ROとして価値のある情報は含まれていないので、
読まなくてもなんら不都合はありませんし、むしろ読むだけ時間とネット接続代の無駄ともいえます。
反省部屋で、チラシの裏になにやら思うことをあれこれ書いているだけです。


・意見の相違

ギルメンとギルド狩りについて議論していて、相手の言い方に対して、ついつい感情的になって物を言ってしまった。
相手の言い分もわかるけど、自分が築き上げてきたギルドそのものを否定されたみたいな気がして、ついカッとなってしまった。
自分は大人になりきれてないなと思った。
以前も似たような事があって、ある人とけんかをしてギルド抜けたこともあった。
MMOは画面の向こうには、私と同じように物事を考える人もいれば、違う考えをする人もいる。
そういう人の意見を、もっと冷静になって、客観的に聞くことができなければ、ギルマスとしてたいしたうつわではないといえる。
ROというゲームの世界ですら、人の考えをまとめたり、意見の違う人とわかりあったりするのにこんなに難しい。
私は一般社会で上にたつような立場にはなれそうにないし、またなりたくもないなと思った。
ホント、人間関係は難しい…


・癌のSSコンテスト

癌が変なSSコンテストを始めた。詳しくはこちら
経緯として、予想通り、開始直後からBOTを映した批判的SSが続出。
そしてそれを癌社員が消す作業に追われるという状態に。
普通のSSには、大量の批判コメントが…
ブログをやり始めてわかったけど、コメントをつけてもらったり、トラックバックしてもらうと本当にうれしい。
でも、ほとんど無記名掲示板での荒らしをするような人たちが、好き勝手コメント欄に文句を書いているのを見て、本当に普通のSSをトラックバックした人たちがかわいそうになった。
このようになるのは分かりきったことだったのに、癌はよくもまあこんなコンテストやるもんだと思った。
そして消す作業が追いつかなくなったのか、トラックバック受付を禁止。
その後全削除され、再び受付をしているようですが、BOT関係の物は例外なく削除されているもよう。
「ROはこんな楽しい世界ですよ、新規さんぜひこの機会にどうぞ」
こう言っている癌の姿がありありと目に浮かぶ。
ちょうど、汚いものは全部マンホールの中に押し込んでふたをして、その上にきれいな家を建てて自慢している人のようだ。
BOTの写ったブログの記事を削除している暇があったら、1匹でもいいからBOTをBANしろと言いたい。
ROの楽しさを餌に新規さんを釣るには、今のROはあまりにも状態がひどすぎる。
こういうコンテストは、BOTがちゃんと取り締まりされて、本当に新規さんに、「ROは楽しいからぜひ始めよう」と言えるような状態になって、初めてやるべきものだと思う。
ROの世界観、優秀なチャット機能、個性的なモンスターにアイテム、そして多様な職やステ、愛着を持てるキャラクター。
これらが大好きだからこそ、私は癌が許せなく思う。


・高額アイテムの購入

具体的に何かとは書かないけど、昨日かな、ある高額アイテムを購入した。
多分、私の資産の半分かそれ以上くらいの価値のある、この鯖に2つとないかもしれないくらいのレアアイテム。
それを買いたいがお金が足りないと伝えた時点で持っていたゼニーは20Mであって、とてもじゃないが、この値段では買える代物ではなかった。
でも、それを完成させたBSさんと交渉して、いろんなアイテムを混入させてもらい、またギルメンからお金を貸してもらったりして、
買えるとは思ってなかったのに、購入することができた。
無理を聞いてくれたBSさん、お金を貸してくれたギルメン、そしてそれを購入することにいろいろアドバイスをくれた友人に、心から感謝します。

以前、ある方に、私の大切な1品をあげた事があります。
かなり珍しいアイテムで、これはほかの誰でもなく、この方に使ってほしいと思った人に差し上げました。
その方に、できれば、これは思い出の品なので、手放すときは、信頼できる友人などに差し上げて、露天売りはしないようにと頼みました。
そしたらその方は、「この世界にいる限り、使い続けます」と言ってくださった。
すごくうれしくて、ちょっと涙がでそうになった。
自分の大切に使ってきたアイテムをまた同様に大切に愛用してくれること、それが心からうれしかった。
その言葉だけで、私はこれをこの方にあげて本当によかったと思った。

それと同じ気持ちで、今回買わせてもらったアイテムを見ている自分がいる。
この世界にいる限り、私も今回手に入れたアイテムを使い続けると思う。


初心を忘れないように、唯一残っている私の初期のころの写真
(HDD壊れて他のSSは全部消えました…)を張ります。

1126.JPG

もちろん、癌にトラックバックなんてしませんよ…
posted by 水月 at 21:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常のこと・本の紹介

2005年10月31日

あの戦争は何だったのか―大人のための歴史教科書 保阪 正康 (著) 新潮新書

あの戦争は何だったのか―大人のための歴史教科書
保阪 正康 (著) 新潮新書

1031.JPG

この本は、2005年7月に発行された、新しい本です。
新書のためページ数も少なく、太平洋戦争についての客観的な分析が簡潔に書かれています。ただ、Amazonのレビューなどを読んでみますと、私のような全く歴史に無知な初心者にとっては非常に良書なのですが、いろいろ歴史について研究している良識者にとっては、いろいろな点で突っ込み所があるようです。入門書としてこの本を使い、あとはもっと詳しい部分を、他の本で補っていくというのが、最も良い戦争についての勉強のしかたでしょうね。

<内容>
はじめに
本書が右翼的にも左翼的にも偏らず、感情にながされず、冷静に分析することを明示しています。右翼的な発想では、「諸外国に植えつけられた自虐史観を捨て、愛国心を持った立場」がいいとされ、左翼的では「侵略という悪い行為への反省を常に抱く立場」がいいとされます。しかしどちらも、その発想を基にしていては、事実の中の一部を強調し、自分の都合の悪いところを軽視してしまい、真の客観的な事実解明と考察はできないとしています。

第一章 旧日本軍のメカニズム
ここでは、旧日本軍で最も権力があり、戦争を計画・実行していった、「軍」というものについて、まずは十分なページを割いて考察しています。軍は当時、今でいう東大のように、エリートであり、職業軍人(徴兵による兵ではなく、指揮をするほう)になることは非常に名誉なことであったそうです。そしてあまりにその栄光が強すぎて、軍部は権力をほしいままにしていたそうです。

第二章 開戦にいたるまでのターニングポイント
筆者は二・二六事件を開戦にいたる最も重要な事件だったと位置づけています。軍に逆らうと殺されるという、暴力を暗に示しながら、軍部が力を付けていった様子が伺えます。このあたりについては、筆者は私が期待するほどページを割いておらず、実際開戦にいたるにはもっと複雑な事情があったとする説が多いようで、別の本などで補う必要性を感じました。

第三章 快進撃から泥沼へ
日本はこの戦争では、明確な「勝ち」を想定せず、なりゆきで戦っていた事が書かれています。石油が目的だったら、東南アジアを手中に収めた時点で停戦をすべきだったのに、いたずらに勢力を広げようとしている様子が伺えます。軍部がまるで将棋を指すように、戦争を考えていたことも分かり、一兵士として戦場に立つ方々の事はまるで考えていなかったようです。

第四章 敗戦へ-「負け方」の研究
明らかに負けている状態なのに、軍部は情報を圧倒的に制限し、国民は勝っていると信じ込まされています。いくつかの戦場で全滅(玉砕という美語でごまかしている)が起き、沖繩が占領され、東京・大阪などにも空襲がくるようになり、さすがにごまかしきれなくなってきます。そうなると今度は、「一億総玉砕」などと、無茶な事を要求しています。そして最も問題なのが、その異常な思想統制を、普通であると思うように教育されていた一般市民の方々でした。教育というものがいかに重要であるか、それについて考えさせられます。今の北朝鮮とかは、自由に情報を得ることもできず、こういう思想統制状況下(もっと端的に言うと、洗脳状況)にあるんじゃないかなと思ってしまいました。

第五章 八月十五日は「終戦記念日」ではない-戦後の日本
八月十五日以降も、ソ連からの侵攻は続き、北方領土がソ連に占領された事が書かれています。多くの人が、北方領土返還を求めているのは、こういう事情だったのかと分かりました。日本が正式に降伏文書に署名したのは九月二日であり、それまでは外国ではまだ戦争は終わっていないと考えられていたようです。そして最後に、戦後もアジア諸国にとどまった日本兵の中には、各国のヨーロッパからの独立戦争に協力して、戦死した方々がいたことも書かれています。

以上が内容で、ページ数も多くなく簡潔にまとめられているため、戦争についてよく知らない、若い人向けの入門書です。私もこの本で概略をつかむ事ができたため、あとは各部分で、必要と思う本に進んでいけばいいと感じました。
posted by 水月 at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のこと・本の紹介

2005年10月30日

読んだ本の記録をつけていこうかなと

明日くらいから、時々、読んだ本についての記録をつけていこうかなと思っています。
どのような心情でその本を選んだか、本の内容はどうだったか、それについてどう感じたかの、3点をしっかり書いておいて、後日読み返して参考になる記録をつけるつもりです。
あくまでラグナロクの内容中心のブログなので、このどっちかといえば自己満足的な本の紹介コーナーは、全体の中で大きな割合を占めないように注意しながら、時々書き加えていこうと思っています。

これを書こうと思ったきっかけがありまして、それは少々長いのですが、ここに記しておこうと思います。
ある人が、RO内で引退露店を出していまして、その理由は、〜のサイトを見てくださいみたいなことを書いてあり、興味があったのでそのサイトを読んでみました。

そのサイトは今思うと、かなり右翼的な愛国心を刺激する感じのサイトで、少々危険なのでこちらにアドレスを載せる事は避けますが、反日・韓国などの語で検索すればHitするもののなかの1つです。
そこでの主張は、「太平洋戦争はアジア各国をヨーロッパから開放した正しい戦いだった」とか、「韓国・中国の反日感情は非常に計算に基づいた打算的なものである」とか、「南京大虐殺はなかった」とか、今までの私の歴史認識を大きく覆すものでした。
そこでの、在日朝鮮人問題に対する認識も私の全く知らない考え方であり、実は彼らは苦労なく日本の莫大な利益を吸収しているという見地でした。

そして、その代表格として、パチンコやサラ金があげられていて、他の在日朝鮮人運営の会社もたくさん載せられていて、その中に、ソフトバンク、つまり癌呆の親会社みたいなものがあったのです。
そういう、反日に基づいた朝鮮思想の観点から考えると、意外にも癌呆が仕事をしない現実というものが、すっきり説明できてしまうのです。
私はこれを読んで、驚くと同時に、その方が引退を考えたのもうなずけるなと思いました。

でも、それはあくまで見方の1つに過ぎず、たくさんの証拠サイトを引用しているにしても、その引用されたサイト自体の正しさも証明されていない以上、全く正しいとは言い切れないとも思いました。
そういうわけで、そのサイトの内容がどれくらい正しいのか、どこが間違ってるのかについてあれこれ考えているうちに、そもそも私は、歴史、特に戦争というものについての理解があまりに乏しかったという結論に達したのです。
確かに、大学では理系のため、全く歴史をやらなかったし、高校でも受験のための地理・倫理を選択しただけでした。
戦争については、祖父母から少々話はきいていましたが、いったいその本質が何であるのかについては、全く無知であることを実感しました。

そのため、とにかくスポンジが水を吸収するように、いろんな本やサイトから情報を集めようと思い、特に信頼のおける役に立つ本については、しっかり読んで記録として残しておこうかと考えたため、このコーナーを考えました。
時々、いろんな本について紹介していくかと思いますが、おそらく大半はROとは無関係な内容になるため、関心のない方々にとっては、かなりどうでもいい内容かもしれません。
よって、もし不快感をもたれたり、興味をもてないような内容だったりした場合、読まなくても問題ないですし、コメントで批判的な内容を書いていただいてもかまいません。
でも、もし私の記事を読んでもらって興味をもっていただけたら、書店や図書館で本を手に入れて、読んでみていただけたらなと思います。

私の信条としている言葉に「人間は悩みながら生きていく」というものがあります。
1つの真理に固定され、他の意見をを否定するのではなく、どっちが正しいのか分からず悩んだり、考えたりしながらふらふらと生きていく事自体が、人間として素敵な生き方だと思うのです。
そのため、いろいろな考え方を理解し、吸収して、批判吟味しながら自分なりの認識を深めていきたいなと思っています。
posted by 水月 at 22:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日常のこと・本の紹介

2005年10月21日

トラックバックの練習

トラックバックという機能がイマイチよく分からないので練習のため送ってみます。
それにしても、何件か来ているトラックバックは、これは間接的に出会い系サイトのものっぽいなぁ。
削除してかまわないのかな?
posted by 水月 at 11:45 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日常のこと・本の紹介

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。